二次会景品を選ぶ注意点

二次会の景品を選ぶ際にはどうしても何を選ぶかということで夢中になって演出で失敗をしてしまったり自分たちだけで盛り上がってしまい、本番で盛り上がりに欠けたり受け狙いが滑ってしまったりするということもあります。失敗してしまったら自分たちが反省するのはもちろんですが、一生に一度の結婚式で新郎新婦に悲しい思いをさせてしまうことにもなります。そこでしっかりと考えて必ず成功するように配慮することが重要です。

ギフト券そこで、新郎新婦にある程度は相談をすること、無難な商品をしっかりと用意しておくことがポイントとなります。新郎新婦に相談をすることで自分たちの考えに対して第三者の意見がもらえ、冷静に景品についての分析ができます。自分たちだけのうちわネタで盛り上がってしまっている場合にはそのことの指摘もしてもらえますし、二次会後に新郎新婦からクレームが入るということも避けられます。

また、目玉商品とも思えそうな有名家電やブランド品といったものは目を引くものの持ち運びにくいですしかさばります。そしてすでに持っているものであったり趣味に合わないものであったりする可能性もあります。そういったことを考えるとオリジナリティを出すことを考えるよりは汎用性の高いギフト券や旅行券の安心感はとても高いです。

二次会景品の定番アイテム

豪華賞品の定番アイテムと言えばギフト券や旅行券、アミューズメントパークの入場券といったものがあります。こういったものは使い勝手が良いですし豪華さが出てくるのはもちろんですが、それ以外の理由でもとても人気です。

ギフト券や旅行券といったものは自分が欲しいものを購入したり旅行に行ったりといった場面で使うことができます。期限が付いていないものも多いですから受け取ってすぐに使う必要もありません。何か欲しいものが出てきたり旅行に行くタイミングができたりしてから使えるので自分のタイミングで使えるのも助かる点です。

ジェットコースターそして、ギフト券や旅行券はもしも使う予定が無いという場合でもほかの場面で使うことができます。ギフト券も百貨店に入っている書店で本の購入ができたり、旅行券も旅行以外の用途でも使うことができたりします。万が一使う場面が無いという場合でも、最悪の場合には換金して現金にして使うことができるため、もらった人が何かの形で使うことができます。

アミューズメントパークの商品券も同様です。もらったことによって久しぶりに行こうと思えます。ただ、期限が決まっていることもあるので、貰い手によっては自分たちで行けない可能性もあるので、参列者の年代や属性といったものを考えることが必要です。

二次会景品選びのコツ

二次会景品を選ぶうえでのコツとして、まずはメリハリが重要ということがあります。豪華な賞品がたくさんあれば盛り上がることが間違いない反面、やはり予算がありますから購入できる豪華景品にも限りが出てきてしまいます。そこで、メインとなる豪華な景品はいくつか購入し、そのほかの景品は参加賞程度のものやリーズナブルだけれどももらって嬉しいもの、お笑い要素のものなどといったものをうまく組み込んでいきましょう。

和牛目玉商品はやはり豪華なものにすることが望ましいです。皆が「すごい!」「ほしい!」と思えるような商品があるとないとでは盛り上がりが全然違います。お金をかけても皆がほしいと思えない商品であったら盛り上がりに欠けますから注意をしましょう。

次に多くのゲストに景品が届くように数をそろえていくことが望ましいです。数が多く用意されていればゲームが長く行えます。逆に早めにゲームが終わってしまうと盛り下がってしまいます。そこで、数を多めに設定すること、そして商品を選ぶ人が順に良いものが当たるようにするのではなく、順番が下のほうの人でも豪華なものが当たるチャンスがあるように設定しておくと場が長時間盛り上がりやすくなります。

二次会の景品

結婚式の二次会というのは人生で一度しかないものです。そのため、新郎新婦はもちろんですが参加者についても参加してよかった、楽しかったと思えるものであることが重要です。特に新郎新婦の親友であれば結婚式の二次会で幹事を担当するということもあります。その際、自分たちに任せてよかったと思えるような二次会にしたいと思うのは当然のことです。

ビンゴ二次会を成功させるのに最も重要になってくるのが景品です。ビンゴ大会やクイズ大会といったものが行われるのは二次会の定番であり、そこで出てくる景品がどのようなものかで二次会の盛り上がりは変わってきます。やはり景品が豪華なものであれば皆がほしいと思い盛り上がりますし、景品のセンスがなくあまり面白みがないものとなってしまうとゲームが始まる前からあまり盛り上がらなくなってしまいます。

お金に余裕があれば豪華な景品をたくさん用意することができるので盛り上げることができます。しかし二次会には予算がありますし、新郎新婦に少しでも予算を抑えて還元することが望ましいものです。そこで、少しでもリーズナブルな商品を織り交ぜつつも豪華な賞品をうまく混ぜ込んで豪華な印象を与えることはもちろんですし、少しでも長くゲームが盛り上がるよううまく調整することが望ましいです。そこで、景品を用意するにあたっては二次会の幹事はもちろんですが新郎新婦の意見を聞きながら少しでも多くの人に喜んでもらえるものになるようによく考えることが求められます。